働き方を変える移住(1)静岡県〜思わず住みたくなる静岡の魅力とは?〜

日本の中心に位置する静岡県は、その快適さと生活のしやすさで県外からも注目度を集めています。年中を通して穏やかな気候と豊かな自然に恵まれている静岡県に魅力を感じ、都心部をはじめとする県外から移住する人も増えてきています。

そこで今回は、静岡県の魅力をそれぞれご紹介していきます。合わせて地理や気候、人口などについてのデータも公開しますので、予備知識としてぜひお役立てください。

静岡県について

静岡県は本州における関東地方・関西地方の中心に位置する県です。全体的には東日本・東海地方・中部地方に分類され、隣県に愛知県、山梨県、近隣には岐阜県などがあります。

7世紀の飛鳥時代から廃藩置県がおこなわれる19世紀まで「駿河国」として機能していましたが、廃藩置県後に「静岡県」となりました。

富士市・沼津市・御殿場市・富士宮市・裾野市・駿東郡からなる東部、三島市・伊東市・熱海市・下田市・伊豆市・伊豆の国市・賀茂郡・田方郡函南町からなる伊豆、静岡市・島田市・焼津市・藤枝市・牧之原市・榛原郡からなる中部、浜松市・磐田市・掛川市・袋井市・湖西市・御前崎市・菊川市・周智郡森町からなる西部で編成されています。

県庁所在地は静岡市で、静岡市と浜松市が政令指定都市とされています。


▲静岡市の街並み ※市の中心部にある駿府城公園と、商店街は週末になると家族連れ・若者達で賑わいます。

▲浜松市の街並み ※市の中心部から車で30分走らせれば、海、山、湖、川、豊かな自然にアクセスできるのが魅力です。

地理

日本の中央に位置する静岡県は、7,780.42平方キロメートルの面積があります。太平洋に面して東西155キロメートル、南北118キロメートルの距離に位置しています。山と海に面している県としても知られています。

・主な山岳:箱根山、天城山、富士山、赤石岳、赤石山脈
・主な台地:牧之原台地、磐田原台地、三方原台地
・主な半島:伊豆半島、三保半島
・主な海岸域:相模灘、石廊崎、駿河湾、田子の浦、折戸湾、御前崎、遠州灘
・主な湖沼:浜名湖、佐鳴湖
・主な河川:狩野川、富士川、安倍川、大井川、菊川、天竜川


▲マリンスポーツの聖地、静岡県西部地域の遠州灘

気温

月の平均気温は16度、夏は最高31度・最低22度、冬は最高13度・最低3度となります。年間降水量は2325mmです。

人口

2017年の国税調査結果によると、県内の人口は367万3401人となります。

交通

熱海駅、三島駅、新富士駅、静岡駅、掛川駅、浜松駅に新幹線駅があります。また、牧之原市には空港「富士山静岡空港」があり、国内では新千歳、福岡、鹿児島、那覇、国外では上海、杭州、寧波、台北、ソウルまでの便が通っています。

静岡県の魅力①「温暖な気候、穏やかな人々。生活しやすい!」

静岡県民のみならず、県外からも注目度が高い静岡県の魅力は、やはりその暮らしやすさです。気候や人柄、快適に生活できる環境が整っているため、活気的ながらも穏やかな暮らしをしたい方には最適な場所だと言えるでしょう。

暑すぎず寒すぎず、年中快適

年間を通しての静岡県の気温は、夏は最高31度・最低22度、冬は最高13度・最低3度となります。極端に暑かったり寒かったりすることがないため、1年を通じて快適な生活ができます。例えば暑すぎて外に出られないほどの苦しさを感じたり、大雪に見舞われて車で外出するのにも一苦労したり、などの心配がありません。

全国的に見て比較的気温の移り変わりが穏やかな静岡県ではあるものの、季節それぞれの雰囲気をしっかりと感じられます。そのような点から考えても、静岡県は非常に暮らしやすい場所だと考えられます。

人々が優しく、交流しやすい

温暖な気候と合わせ、優しく穏やかな人柄の人が多いことも、静岡県の魅力です。落ち着いた雰囲気と生活を好むためか、盛り上がりや熱意には少し欠けるところがあると言われますが、温厚な人間関係を築きやすいと県外からも評価されています。

穏やかで快活な生活を好む方は、とても快適に過ごせることでしょう。

地形を活かしたイベントを年中楽しめる

静岡県は何と言っても自然の豊かさと美しさが魅力的で、その魅力を活かしたイベントやお祭りが定期的に開催されています。

例えば春では、岩本山で開催される梅祭りや桜祭りが有名です。富士山をバックに梅や桜の写真を撮れることから、県内はもちろん県外からも写真愛好家が訪れます。そのほかにも徳川家康を題材にしたお祭り(静岡市)や、独特の雰囲気が魅力の毘沙門天祭(富士市)など、年間を通して数多くの行事が楽しめます。

都心のような派手さはないものの、地域の歴史や自然に根付いたイベントやお祭りが定期的に開かれていて、生活するうえでの楽しみも揃っています。

静岡県の魅力②「自然の美しさと文化の深さは、国内有数」

関東地方と関西地方の間にある静岡県は、その自然の美しさと文化的背景の深さでは国内でもトップクラスを誇ります。豊かな自然と落ち着いた魅力で、ゆったりと暮らすにはもってこいの場所です

世界遺産・富士山

静岡県のシンボルと言えば、世界遺産にも登録された富士山。その雄々しく威厳あふれる姿を一目見ようと、国内問わず海外からも大勢の観光客が訪れています。

世界的にも高く評価されている富士山を、ほとんど毎日のように眺められるのは、静岡県民ならではの特権です。それでいて観光地にありがちな騒がしさがないため、富士山の魅力を堪能しつつも静かで落ち着いた生活を過ごすことができます。

特に富士市では、ほとんどどこに行っても富士山を眺められるというメリットに恵まれます。世界遺産をそばにゆっくりと着実な生活をしたいのなら、静岡県はぜひおすすめの場所です。

小説の舞台にもなった熱海・伊豆の魅力

静岡県のなかでも首都圏に近い熱海や伊豆も、静岡県民が誇る地域です。

特に熱海は尾崎紅葉作「金色夜叉」の舞台としても知られ、小説ファンから根強い人気を誇っています。熱海桜や熱海自慢の温泉の魅力と相まって、その文化的な落ち着きを一層高めています。東京・浅草を思わせるような独特の雰囲気にも魅力を感じ、熱海市での生活を希望する方が増えてきています。

また、伊豆地方も、静岡県民が自慢する観光地だと言えます。川端康成作「伊豆の踊子」に取り上げられたこともあり、文化的な魅力は静岡県でも1、2を競うほど。伊豆高原や下田などの華やかな観光地で賑やかな雰囲気を堪能するのはもちろん、伊豆ならではの風土のなかで楽しい生活を過ごせます。

文化的で落ち着いているのはもちろん、観光地としても楽しめる部分が多いので、生活の地として選ぶのには適しています。

「落ち着いた都会感」が魅力の静岡市

静岡県庁がある静岡市は、県内でももっとも活気にあふれたエリアです。

徳川家康によって建立された駿府城がある市ということで、城下町ならではの華やかさと洗練された雰囲気があります。静岡駅周辺には数々のデパートや商業施設が立ち並び、「都会感」を味わえるのが魅力的です。小学校や中学校、文化会館なども充実していて、子育てをするのにも安心できる環境です。

それでいて都会特有の騒々しさはなく、適度な落ち着きが見られるのも、静岡市ならではの特徴です。おしゃれな雰囲気の繁華街を楽しみつつも、しっかりと地に足をつけた生活を進めていけます。

静岡県の魅力③「首都圏へのアクセスの良さは抜群。通勤にも便利」

日本の中心に位置する静岡県は、東京・名古屋・大阪へのアクセスが良いことも魅力的です。

東京、大阪などにアクセスしやすい

東京では1~2時間、大阪には2~3時間、名古屋には2時間前後で着けます。特に東京には比較的短時間で行けるので、静岡県から東京都の大学まで新幹線で通う学生も多いです。

熱海、三島、新富士、静岡、掛川、浜松と、各エリアで新幹線を利用できます。

富士山静岡空港

県内に空港があることも、静岡県のアクセスの良さを裏付けるポイントになっています。2009年に開港した富士山静岡空港は、国内では新千歳、福岡、鹿児島、那覇、海外では上海、杭州、寧波、台北、ソウルまで行けます。

静岡県の魅力④「豊かな自然を活かしたグルメは、日本でもピカ一」

美しい山々と広大な駿河湾を臨む静岡県は、もちろんグルメでも国内トップクラスの充実度を誇ります。「静岡県の食べ物は美味しい」と言われるように、海の幸から山の幸まで美味しい食べ物が揃っています。

お茶からうなぎパイまで、名産ぞろい

お茶、安倍川餅、うなぎ、うなぎパイ、みかん、黒はんぺんなど、静岡県には地形と風土を活かした名産が盛りだくさん。観光に来た際にはお土産選びに困らないほどの名産ぞろいです。また、静岡県にしかないハンバーグレストランチェーン「さわやか」や、しっとりとした味わいが人気の「田子の月」のお菓子など、グルメにかけては話題が途切れないほど。

このように、高度な食文化を日ごろから堪能できるのも、静岡県民ならではのメリットです。

駿河湾の恵みで最高の魚介類を楽しめる

駿河湾に面している沼津市・三島市周辺では、新鮮な魚介類をふんだんに楽しめると評判です。港湾にはその豊かな魚介類を味わえるレストランや土産物屋が立ち並び、市民や観光客で連日にぎわっています。「駿河湾直送の魚介類を、毎日堪能できるのは嬉しい」と、市民からは好評の声が相次いでいます。

駿河湾以外にも、由比市の桜海老や用宗市の生しらすなど、静岡県はいたるところで魚介類が充実しています。

B級グルメの発祥地として知られる静岡県

海の幸にも山の幸にも恵まれている静岡県は、グルメに対する熱もひときわ。普段からの食生活はもちろんB級グルメにも力を入れており、実際に「富士宮焼きそば」でB級グルメブームに火をつけたほどです。

そのほかにも黒いだしが特徴的な「静岡おでん」や清水市の「もつカレー」、裾野市の「すその水ギョーザ」など、地域の特色や豊かな自然を活かしたB級グルメが次々と生まれています。「静岡県に住んでいれば食べ物の心配はいらない」と言われるほどの充実ぶりから、静岡県への移住を希望する方が増えてきているそうです。

以上、静岡県の概要やそれぞれの魅力についてご紹介しました。自然豊かで穏やかな気候が特徴的な静岡県では、安定感のある落ち着いた生活を実現できることでしょう。

静岡県への移住・働き方を変える転職については、株式会社週休3日がトータルでサポートさせていただいております。お気軽にご相談ください。
ご相談・ご登録はこちら

電話相談 053-455-3778

※お電話のお時間に制限はございませんが、出られない場合は携帯電話080-4307-3778または090-7685-2852から折り返しお電話させていただきます。

株式会社週休3日

働き方重視の転職を。患者さんにも法人にも家族にも、そしてドクターご本人様にも優しい働き方をご提案致します。(全国対応)

静岡県浜松市中区 砂山町175-3
株式会社週休3日
職業紹介(厚生労働省 許可番号 22-ユ-300494)
※会社概要はこちら